紫外線光でサンタンが起きるシステム

12. 11月 2016 未分類 0

長時間、UVをうけていると日に焼けてしまうことは、だいたいのひとが知ってます。日に焼けちゃう原因である紫外線というものは、一体どういったものでしょう。

UVとは、太陽の光のひとつで、種類をA波紫外線、B波紫外線・C波に分けることが可能です。ガラスみたいな透明なものでは、太陽光A波というものをさえぎることは困難で、肌へと達するのです。硝子越しに陽光を浴びてた時や、車で外出を行う際も、紫外線A波というものは浴びるのでサンタンします。

また、紫外線B波は雲で遮断されてしまうので、雲の多い日や、雨が降っている日少なくなります。気候により照射の量が変わる紫外線光量とは、此の紫外線B波なんです。

UVC波が日に焼ける事に関わりはありません。その訳は、UVc波はオゾン層を通り抜けられないためなんです。

A波というのは、窓ガラスを抜ける事が可能であるため、皮ふの奥深い部分の真皮へと届くのですが、有毒度合でいうならb波程ではないと言われてます。

皮膚の日焼けの事を考えるのだったら、室内で太陽光をうけるため、いつも対策を施す必要のある紫外線なのです。肌色が黒っぽくなる事だけは、色焼けの効果ではじゃないんです。シミやくすみが出来るし、たるみや肌の老化元にもなるものなのです。

紫外線光で色焼けをしてしまうのは、皮膚を守る為にメラニンを増加する、いうなれば防衛策です。褐色に焼けた皮ふは元気そうな印象を相手に与えるのですが、美容の点から考えるとお肌にとっていいことととは言えない為、対処がが大切なんです。